暮らしの安全対策|インターホンで防犯対策!交換や設置に関する疑問を解決

防犯intahon.com

インターホンを交換して空き巣に入らない家をつくろう

暮らしの安全対策

玄関

インターホンで空き巣対策

空き巣の手口は、前もって自宅を調べ、住人が居ない時間帯をみつけて侵入します。空き巣はインターホンを押して部屋に人が居るか確認します。もし、家を空けていてもセキュリティー対策のインターホンを使用すれば安心です。インターホンを携帯を繋ぐように設定しておけば、部屋に人がいると思わせることができます。

インターホンで火災防止対策

インターホンの種類によっては、火災やガス漏れの危険を周知に知らせてくれる機能を持っています。部屋に一人でいる時に何かあった場合は、大変危険です。自分で通報すると焦って遅れることがあります。危険を外に知らせることで自宅や地域の安全も早めに避難することができます。

身の安全を守ってくれるインターホン

インターホンを取付けたり交換したりすることによって、身の安全を守ったり、火災報知器として使ったり安心して生活を送れます。インターホンを付けることによって、大きなメリットを得ることができます。しかし、疑問や質問も増えてくるでしょう。そこで、よくある疑問質問をまとめてみました。

インターホンに関するよくある疑問質問

寿命はありますか?

インターホンは部屋の外側に取り付けます。その為、風が雨の影響もあり老朽化していきます。おおよその目安ですが、インターホンの交換の目安は一戸建ては約10年と言われています。マンションは約15年と言われています。賃貸マンションは、不動産会社へ一度お問合せして確認をしてください。

ハンズフリータイプと受話器タイプはどちらがおすすめですか?

ハンズフリーは、スイッチ押すだけで外部と話すことが出来ます。料理してる時や赤ちゃんを抱っこしている時など、主婦の方にはこちらをおすすめしています。受話器タイプは、直接耳に当てるので、騒音が入りにくくお年寄りにも聞きやすいので便利です。

テレビホンは夜綺麗に映りますか?

テレビホンは、カラーとモノクロの種類があります。カラーの場合は、周りが暗くなるとLEDが点滅するのではっきりと映像で見られます。モノクロの場合は、赤外線照明で映りますが、夜間は防犯のためにも玄関先に灯を付けるようにしてください。

広告募集中